2017年05月09日

イタドリ刈りに備えて

今日は妻の検査通院のため、仕事はお休み。
体調は良好です。

今月末から始まる、軽川のイタドリ刈に使用する鎌を研いでみました。
砥石を使用せず、ドライバーの先端に丸いサンドペーパーを装着して試行してみる。
15本の大型鎌を一時間弱で作業を終える。

IMG_1231.JPG

砥石を使用したような繊細さはなく、粗削りだが切れ味は復活しただろう。
知恵をしぼれば道具は使いよう?

この鎌15本をフルに用いたイタドリ刈をできれば良いのだが、果たして何人で作業をすることになるのやら。

軽川のイタドリは早咲きの桜(チシマ桜、そめいよしの)が散り始めると同時に頭角を現している。




posted by 燻し銀  at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽川・桜並木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック