2016年06月25日

イタドリ刈り

軽川と桜並木を育てる会の三回目のイタドリ刈り、今年の最終回です。
前2回は、猛毒の毛虫(毒蛾の幼虫)にやられて、体中がプツプツ、痒いで滅入ってしまいましたが今回はどうか?

生憎、朝からの強い雨ですが、決行。降雨に怖気づいたのか、中止と判断したのか、参加者は普段より少なめです。
7D1_6352.JPG

三週間前には綺麗に刈り取ったのですが、その後に生えたものを大鎌で根元から切り倒す。
刈ったあとは、このとおり。

7D1_6354.JPG

毒蛾は減った。塊で葉にたむろする姿は見られない。たまに単独行動の毛虫を見つける程度に減っている。
退治の成果は十分にでている。
近隣の中の川、新川とは比べようもないほどに少なくなっている。

作業開始から二時間半経過した頃に雨脚が激しくなり、続行は困難と判断して中断です。残りは明日だ。

夜は、恒例のイタダリ刈り打ち上げ。
ジンギスカンとビールで労苦を癒す。





posted by 燻し銀  at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽川・桜並木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。