2017年05月25日

プレ イタドリ刈

今週・土曜日は「軽川と桜並木を育てる会」が実施するイタダリ刈です。
天気予報は雨マークでよろしくない。

当日は作業の完了が予測できないので、少しでも刈っておこう。
早朝3時半に起床、明るくなると同時に作業を開始します。

IMG_1262.JPG

仲間いない一人作業は肉体的に・精神的に辛いものがあります。
もくもくと一人寂しく鎌を引く。ポピーの花が蕾んでいて、イタドリの下に潜んでいるので一緒に切らないように慎重に作業を進めます。
研いだ鎌の切れ味もマズマズ。

二時間ほどで衣服は汗でグッショリ。したたる汗をぬぐいながらの早朝作業はお終い。進捗は150mほど。

昨年は毒蛾の幼虫に悩まされましたが、今年は発生していません。
posted by 燻し銀  at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽川・桜並木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

軽川の草刈

今週末はイタドリ刈。

先駆けて、桜守のキーが川辺の草刈りをしてくださった。
昨夜のお酒の席で聞いたので、朝に見に行った時には既に綺麗になっていました。

感謝

IMG_1261.JPG
posted by 燻し銀  at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽川・桜並木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

菜の花?

我が菜園の近くに菜の花畑?

7D1_6930.JPG

デントtコーンや牧草畑と思っていた場所が一面黄色に変身。
多分、菜の花でしょうか?


posted by 燻し銀  at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

かぼちゃ

7D1_6927.JPG

これは市販の種から苗を作ったもので、冒険はしません。
雪化粧と栗かぼちゃ。

一週間前の自作苗はこれ。
IMG_1250.JPG
posted by 燻し銀  at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

ビーバー菜園の試み

ビーバー菜園に植えるものは、とうもろこし、枝豆、ジャガイモ。
ジャガイモは事前に作業を終えています。
今日の作業は、とうもろこしと枝豆を植えること。

7D1_6896.JPG


実は、リスクを承知でとうもろこしの種は市販品を使わず、昨年に収穫したとうもろこしを種としました。
昨年のとうもろこしは過去で一番の出来でした。品種は忘れましたが近所のホームセンタにはない、ちょっとお値段の高い品種でした。
市販の種は一世代交配(F1)なはずです。
F1を使ったらどうなるか? F2はメンデルの法則により想像はできますが、あえて挑んでみます。

なぜ、交配種の野菜は生育が良く、収穫が多いのか?

雑種強勢の効果です。

近い親戚同士などで近親婚をくり返していると、やがて生命力が衰え、体格も貧弱になってきます。これを近交弱勢または自殖弱勢と言います。
対して、人種や国籍が異なるなど、遺伝的に遠い組合せで結婚すると、両親より大きく、逞しく、丈夫な子が生まれます。この効果は、両親の遺伝形質が遠く離れていればいるほど、顕著に現れます。

雑種第一代(F1)に現れた雑種強勢は、その子(F2)、孫(F3)と、世代を重ねるごとに、染色体の減数分裂によってその力を弱めます。とうもろこしでは、近縁のF1同士をかけ合わせたF2世代になって、初めてこの雑種強勢が出るなどという特異な例もありますが、市販されている交配種が最も強健で、以後だんだん弱くなります。

一代交配の利点は、異なる二品種(またはそれ以上の組合せ)の親から生まれた一代目の子にしか現れません。

種を作る会社は、異なる親のそれぞれを毎年維持し、販売用種子を生産し続けるために、毎年同じ組合せで交配し続けなければなりません。


さて、結果はいかに?

因みに、発芽試験は済ませています。発芽率は90%程度でした。

我が菜園の一部でも同じ試みをしています。


結果が最悪な場合は、ビーバー達には、我が菜園で栽培するとうもろこしを差し上げます。



posted by 燻し銀  at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ボーイスカウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

過密なスケジュール

5月の土曜日は例外なく過密、多忙な一日です。
早朝から菜園に出向き、種まき、そして明日のビーバー活動の下準備で汗だく。
顔面の日焼け防止クリームの上を流れる汗が目に入り、者痛みと戦いながら苦難の作業です。

IMG_1257.JPG

人参の種まき後には発芽促進のため、麦わらを敷きつめて乾燥防止。

午後は恒例の一週間分の食材等の買い出しと調理。
夕刻はジジババ用の買い出し。


posted by 燻し銀  at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

イチロウ君の送別会

呑み仲間のイチロウ君が転職をすることになり、今夜はイチロウ君の同僚のマミーを加えて、いつものメンバーで送別会でした。
新天地でのご活躍を祈る。

某新聞社から、先日に掲載された記事に提供した写真の謝礼が出るとのこと。
タイミング良く(?)スマホで撮影した画像を取材の記者に提供したことへの謝礼とのことです。
嬉しいやら、申し訳のない気持ちが入り混じっている。
コンテストで入賞していただく賞品とは一味異なる。


posted by 燻し銀  at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

ライラック祭り

大通公園会場でライラック祭りが始まりました。

今年で第59回目のライラック祭り 5月17〜28日の間、札幌市大通公園でライラック祭りが開催されています。
期間中は好天が期待できそうです。


5D3_8177.JPG


5D3_8163.JPG


8丁目にある、お目当てのライラックは残念ながら、まだ咲いていません。


併設のラーメンをお目当ての人出がすごい。

チケットを買い求める人の列が長い。


posted by 燻し銀  at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

やっとお日様に

室内で苗作りをしていて、発芽したものを日光に当てたいのですが、この数日は強風と寒さのため我慢していました。
今朝は、やっと清々しい青空です。

室内だと日光不足で発芽しても、もやしみたいにひ弱ですが、太陽と外気に触れることで逞しくなってくれる。
一週間ほど屋外で成長させてから菜園に移植します。

カボチャの苗(雪化粧と普通のカボチャ)

IMG_1250.JPG

とうもろこし

IMG_1251.JPG


posted by 燻し銀  at 16:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

鳥ハム

久しぶりに鳥胸肉を使った燻製を作る。
胸肉の重量の3%の塩、1.5%の砂糖、そして適度のスパイスを刷り込んで3日ほど漬け込む。
表面の塩分をサッと流してネットに。

IMG_1248.JPG

短期間で作るため、即燻煙します。
ヒッコリーチップで一時間、サクラチップで一時間、更にスモークウッドで一時間。

IMG_1249.JPG

あとはボイルしてお終い。
ボイルは直接お湯に触れないようにラッピングを工夫して、68℃まで加熱する。

とっても安価でお手軽な燻製です。
そのまま食べても良し、料理に使ってもよし。
ダイエット、筋肉増強には最高の食品です。

今回は鳥胸肉を4kg使用。

posted by 燻し銀  at 22:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 燻製作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする